Home > 2010年02月

2010年02月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

2010/2/28 久しぶりのOB会

忙しい人達が集まって、なんと楽しい時間。

主人が在籍していた「寒川商業建築研究所」の事務所が、
昔「パート2」と呼ばれていた1階に移転しました。
ソファや大きなテーブルの引越しは社員・元社員さん達や
業者さんで手運びされました。

昨年末にお邪魔した部屋は、本来のしつらえと佇まいを取り戻し
独立した各部屋(事務所)がこれから活躍しそうです。

2階の住居。和室は、床の六角柱と丸い大黒柱にひのきをつかい
ヤマハの人工大理石のシステムキッチンとタイルは白に統一。
作り付けの食器棚や道具棚、レンジの位置は今もしゃれています。
奥様は「東窓からの採光や夏の涼しい風が流れるそうです」

トイレの棚一つ、浴室からデッキを結ぶ動線。囲炉裏と庭。
打ち合わせをされた大きなダイニングテーブルと椅子。
「空間(、間取り)」「もの創り(造作)」が随所に見られます。
築30年を経て、今も生活の中で息づいています。
0228a.jpg 0228b.jpg

 0228d.jpg 0228c.jpg
和室の障子を取り払うとリビング、囲炉裏、和室が1つになり、
久しぶりに会う気の置けない知人と親交を深めます。

今回のもう1つのイベントが「蕎麦打ち」です。
GOODの香川さんは蕎麦打ち歴8年。「二八蕎麦」を
皆さんの前で「こねる」→「のばす」→「きる」の
工程を御披露して下さいました。
0228e.jpg 0228f.jpg
寒川所長の奥様曰く・・・
「こねる」のはすごい力がいって大変。
「のばす」のは丸から四角にするのは技入り。汗がでる。
「きる」のは普通の包丁じゃ大変。これも技が必要。肩が懲ります。
とのお話でした。
切られた蕎麦はラップで包み、ゆで時間はほんの1分程でざる蕎麦に。
手作りのツユでいただきました。やはり食べるほうがいいかも。

高知の甕から出された「ダバダ」の栗焼酎や「マッコリ」と一緒に
奥様の手作りの手料理で、楽しい時間があっと云う間。

外は満月でした。

Index of all entries

Home > 2010年02月

Tag Cloud
Search
Links
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。