FC2ブログ

Home > 建築家の思い > 2010/6/7 「香川町の家」現場より其の1

2010/6/7 「香川町の家」現場より其の1

「香川町の家」の御施主様は
平成19年12月に「多肥下町の家」を見学に来られてからの
長いお付き合いになります。年廻りの関係で着工を
平成22年2月以降に行いました。其の間、基本設計を決め
建設予定地の農地転用、分筆、造成して着工に備えました。

設計士は御夫婦に、越屋根のある日本住宅に古い建具や照明を
使用する方向性を立てました。
設計士は去年より京都で下見しました。

今年、5月22日(土)7時30分~22時30分 京都まで

1台の車に、施工者、設計士、御施主様御家族が乗車して
出掛けました。
京都市内にある「井川建具道具店」で3時間余り、建具探しを
行いました。玄関を上がってすぐ正面の建具と御主人の北の間に
はいる建具を選びました。
巾と高さは香川の業者さんにお願いして、調整する予定です。
がんばって、車の通路に置き、京都をあとにしました。
100607b.jpg 100607a.jpg
たちばな商店(照明)  建具で一杯です。
建具や照明選びは大変ですが、「古建具」は新居に風情や趣きを
はなすと思います。
「家つくり」について新しい提案です。


スポンサーサイト



Comments:0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Home > 建築家の思い > 2010/6/7 「香川町の家」現場より其の1

Tag Cloud
Search
Links
Feeds

Return to page top