FC2ブログ

Home > 建築家の思い > 2010/7/18 「瀬戸内国際芸術祭」前夜祭

2010/7/18 「瀬戸内国際芸術祭」前夜祭

4月から「光アート」に係りました。
構想は京都造形大学の椿先生の指導のもと、青森県の「ねぶた」
を真似て、県下の25団体が和紙張りの現代アートに参加しました。
限られた時間に、実施準備(図面・模型)とアート制作(型枠、針金、
和紙張り)を協力してがんばりました。

今日はいよいよ、その「光アート」がデビューする日です。

7時30分 倉庫に集合
    分かれている2体(上・下)を4tトラックに搬入。
8時30分 サンポート広場に到着。・・・「商環境チーム」一番のり!!
    トラックから降ろして「合体」。要所に「玉」をつります。
100718p.jpg 100718y.jpg
18時00分 「瀬戸内国際芸術祭」前夜祭スタート。
    サンポート広場一面には、沢山の「光アート」作品が配置され
    ムード満点。多分、自分とこのアートが一番と思う位、苦労した
    分、愛着があります。
100718z.jpg 100718s.jpg
・・・「商環境チーム」は男木島で川島猛とドリームフレンドにも参加の為
朝、設営部隊の一部は、其の足で「男木島」に向かい、前夜祭の行事に参加。
祝い酒を飲み、おおいに盛り上がった様子でした。その人達と前夜祭で合流。

19時00分 そろそろ日没時間。僅かにお天気雨のあと、東の空に「虹」。
     高松市漁連婦人会の人等が「魚のアート」を持ち、各アート周囲を
     囲み、1つ1つの「チーム」と「アート」を紹介、点灯。その度に周辺
     から歓声が上がります。
100718qjpg.jpg 100718m.jpg 100718r.jpg
作品「SEASHELL」はポルトガルの芸術家「ジョゼ・ドゥ・ギマラインシュ氏」の原画を
元に磯辺に打ち寄せる「波」と「巻貝」、波打ち際にしっかりと咲く「浜の花」を立体化
して配置しています。
20時30分 点灯式のあと「各チーム」、設置場所に移動。・・・これがまた、大変。 
     私達は高松空港に向けて出発です。
 ~22時30分 設営完了。皆で思わず、万歳!!
100718u.jpg 100718x.jpg
7月19日~10月31日まで。「瀬戸内国際芸術祭」に花を添える「光アート」に
各地で会うことがあると思います。

「商環境チーム」・・・高松空港帰路出入り口で、皆様にお会い出来ることを
楽しみにしています。
スポンサーサイト



Comments:0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Home > 建築家の思い > 2010/7/18 「瀬戸内国際芸術祭」前夜祭

Tag Cloud
Search
Links
Feeds

Return to page top