FC2ブログ

Home > あいぼう日記 > 2010/8/19 戦争を忘れないために。

2010/8/19 戦争を忘れないために。

妻が小さい頃、祖母がよく戦争の話しをしてくれました。

実家は市内から南東に10km以上離れた三木町との町境の
静かな田園の集落です。
戦争の頃、遠くに高松空襲を見えたとか自宅の2階から敵機
を見ていた子供が撃たれた話し等・・・
子供ながらに戦争は恐いと思いました。

妻は我子が小さい頃から、児童映画「クロのいた夏」(広島)
を見たり、吉永小百合さん達の行っている広島、長崎の語り部
の会等に参加して、戦争のことを知る機会を作りました。

今年のお盆、
帰省していた長女と倉本聡さん脚本の戦争を題材にした「帰国」
と云う番組を見る機会がありました。
海で戦士した人達の魂が65年を経て、現在の日本に着き
それぞれの故郷や愛しい人の下に行くと云う内容でした。

そのなかに「無言館」美術館も映し出されていました。
芸術を志し半ばで、戦場に行き、帰らぬ人達が描いた絵は
「家族」「妻「妹」等の人物や故郷の風景を描いています。

65年経っても、やはり戦争忘れてはならない!と思います。
原爆が投下された被爆国である事も、同時にアジアでの悲惨な
歴史も、忘れないようにしたいと思います。
スポンサーサイト



Comments:0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Home > あいぼう日記 > 2010/8/19 戦争を忘れないために。

Tag Cloud
Search
Links
Feeds

Return to page top