FC2ブログ

Home > 現在進行中 > 2011/1/16 やっぱり、寒い一日。

2011/1/16 やっぱり、寒い一日。

大学入試センター試験の頃は、いつも寒く
インフルエンザが流行り易く、受験生は大変です。
今年もお正月に到来した寒波が再び西日本を覆い
気温も下がり-4度・・・「さむそう~」

そんな寒い日の午後。
スタッフと2件の現地調査(測量)に出掛けました。
冷たい風が吹く中、手がかじかんで数字がうまく書けず
余りの寒さに「どこから測る?」と相談してしまいます。
そんな2人の行動がこころもとなく見えたのでしょうか。
それぞれの現場では御施主様が測量を助けて下さいました。
   
ありがとうございました。
寒いなか、御協力頂いた御蔭でなんとか測量出来ました。
スタッフと嫁だけだと何時間かかったか解りません。
ホントに感謝の気持ちで一杯です!!

2件目の御宅で素敵なものを見つけました。
奥様が趣味で集められている家具・小物(古布)等数々に
床の間に「柳川雛祭り さげもん」と云われる飾りを発見!!
110116a.jpg
柳川伝承さげもんのいわれの一説
城内の奥女中が着物の残り布で、子どものおもちゃや琴爪入れを作ったのが始まり。
そのうち、それらを下げて楽しむようになり今に至ったと言われている。

7×7=49であるが、子どもの健やかな成長と人生50年といわれていた時代に、1年でも
長生きしてもらいたいという親の願いをこめ、さらに縁起をかつぎ、50に。
しかし50という偶数では割り切れるので、さげもんの輪の中央に大きな毬を2個さげて
51にして飾るようになったと言われている。

過去・現在・未来いつの時代も変わることのない、女性としての美しさ、強さ、誇り
等々を身に付けて欲しいという切なる親心が、そのひとつひとつに込めらており、
"上"に飛ぶもの、"中間"に山のもの・木になる(咲く)もの、"下"に水中のものが基本
の飾り方と言われている。

寒いと思いながら過ごしていた気持ちが
春を告げるような「さげもん」に出会って
気持ちが雪解けしたようです。
スポンサーサイト



Comments:0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Home > 現在進行中 > 2011/1/16 やっぱり、寒い一日。

Tag Cloud
Search
Links
Feeds

Return to page top