FC2ブログ

Home > あいぼう日記 > 2009/7/21 K大学の君

2009/7/21 K大学の君

今年の2月、ひょんなことから、学生さんのお世話を
することになりました。来られる前は「どんな子だろう」
と、自分の子と同年齢でしたので心配でしたが・・
「K大学の君」はとても物静かで、礼儀正しく、年上の
お姉さん達の受けもいい・・・うさぎ年さんでした。
当初、2週間程度の「オープンデスク」が新学期が
始まる前まで、バスに揺られて通いました。
毎日、お母さんの手弁当と夕方にはお父さんが向かえ
に来られて、とても大切にされているのがわかります。
探究心から
3月のバスツアーや5月のT邸の上棟も参加しました。
0721.jpg
コンクリート等の授業が多いなか、
教えられることの少ない「木造家屋」に「君」は興味を
もたれたようです。
夏休みに入り、今日から事務所に顔を出しています。
春先に自分が手を入れた図面が基礎や上棟、完成を
目前に見る事で「本来の日本家屋」のよさを知ってもら
ればいいなあ。・・・と思います。
建築についての知識が高まり、来年から奨む「大学院」
での学習に役立つことを願います。
・・・我が子も其のうち、社会で人様の御世話になり、
一人前になると思うと、お預かりしているスタッフ同様、
大切な宝物です。
スポンサーサイト



Comments:0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Home > あいぼう日記 > 2009/7/21 K大学の君

Tag Cloud
Search
Links
Feeds

Return to page top